協会の沿革
 
役員名簿
 
委員会名簿
 
協会案内図
 
 
最上支部の沿革
 
名称・所在地

 本支部は、山形県建設業協会最上支部と称し、事務所を新庄市金沢字南沢1810-1に置く。


目 的

 建設技術の向上、経営の改善及び会員相互の親睦を図り、会員並びに建設業の発展と公共の福祉に
寄与することを目的とする。


職 員

 事務長 猪股 宏子
 主 事 井上 亜希子
     梅本 美保
 

事務取扱関連団体

 一般社団法人 最上建設クラブ
 建設業労働災害防止協会山形県支部最上分会
 山形県建設業協会最上支部青年部
 新庄地区品確安全協議会
 新庄市建設クラブ


あゆみと概要
 昭和23年2月29日に現在の最上支部の前進である「最上土建親交会」が発足し、翌年の建設業法の公布を受けて山形県建設業協会の設立、またその一年後に支部の発足を迎え、今日に至っております。
昭和25年の設立後は、戦後の復活また高度成長の社会風潮に乗り、需要の増加に伴い建設業への就業人口も増え、現在当最上地域においては就業人口の4人に1人が、建設業従事者となり、地域の基幹産業として社会を担っております。
しかしながら今、これまでの高度成長の陰に潜めていた様々な問題が噴き出し、社会構造のスリム化・思考の転換・環境問題等、新世紀を迎えた今、時代の過渡期に直面しています。
 これからも会員一同、自己研鑚並びに相互の向上に努め、さらには地域社会び発展を目指し、日々努力して参ります。

Copyright(C) 2002- The Assosiated General Contractors of Yamagata. All Rights Reserved.